2020.2月の教室風景から



SOGEN書芸塾ARCでは、自由な作品制作のほか、毎回、塾生が持参したアート作品や
教室で制作した作品を元に、アート談義を行っています。


以下、2020.2月の教室風景より


持参したアート作品を囲んでのアート談義の模様

①作家のコメント

②鑑賞者が感じたことを自由に述べ合う

③もらえるのなら、どれ欲しい?

④SOGENによる講評

⑤良作の選定

といった順(あるいは順不同)で、作品を通して、共に未知の世界と対峙し、探っていきます。
みんなで鑑賞し、アート談義をすることで、作家個人の試みや探求の営みを、みんなで分かち合うという営みでもあります。

「もらえるのなら、どれ欲しい?」は、コレクター目線で真剣にアートと対峙するための訓練です。

書道教室 アート書道教室 東京 新宿 書芸教室 書芸塾
書道教室 アート書道教室 東京 新宿 書芸教室 書芸塾



〜書芸術を通した解放と交感のアート空間〜
SOGEN書芸塾ARC

公式サイト: http://sogen-arc.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/sogenarc/
FACEBOOK:https://www.facebook.com/arctokyo/


◯お申し込み・お問い合わせ

コメントを残す