佐々木久枝 書と花によるアートワーク:未完の世界 儚さにある果てしない一瞬 Imperfect World -eternal in the ephemeral-



〜SOGENブログより〜

SOGEN書芸塾OB、佐々木久枝によるアートワークのご紹介

未完の世界 儚さにある果てしない一瞬
-Imperfect World -eternal in the ephemeral-
 
こちらは大作に見るダイナミズムとはまた趣を異にする、書と花による融合世界。
人間の精神と生命力の発現である書と、花という人間以外の生命体との協働により
生まれるところのもの。
うつろいゆく生の儚さに写真が永久のときを与え、茫茫たる宇宙に音楽がロマンを
醸し出し、時を彩る。


数年前、アトランタ州立大学に招聘され、展覧会やワークを行った折に、
彼女は同行させてほしい!と手弁当で付いてきた。
以来、花では假屋崎省吾賞を受賞、ニューヨークやパリで書と花による個展を開くなど、
独自の活動を展開している。

そこで思うのは、「求め続ける心が、新たな世界の扉を開く」ということ。
自分にはムリ、出来っこない、そう思い込んだ瞬間に、可能性は限りなくゼロに近づく。
だからもし、やりたい気持ち、求める心があるのなら、自分に素直になったほうがいいと思う。
天は意外と、魂の底から求め、一歩なりとも前に進もうとしている者を、見捨てはしない
ものなのだろう。



書芸家SOGEN/平野壮弦・公式ホームページ

http://www.hiranosogen.jp/ (アートワークス)
http://www.hiranosogen.com/ (デザインワークス・レクチャー・パフォーマンス)
http://www.sogen-arc.com(スクール/SOGEN書芸塾ARC)

コメントを残す